面接を受ける際に注意すること。

面接の終盤に場面はやってきます

転職面接では面接官から応募者への質問がひととおり終わると、面接官が「最後にそちらから質問はありますか」と聞く場面がよくあります。面接官は「知りたいことを教えてあげるよ」と、何も意図せずに問うこともあれば、応募者の熱意や関心の方向をチェックしようとしている人もいます。質問の内容によって「この応募者はどれくらい当社のことを下調べしてきているのか」「何に一番関心があるか」などがあぶり出されるからです。さらに質問の内容から、面接官は応募者の働きぶりまで想像することもあります。例えば、営業職やコンサルタント職では、下調べをしていてこそ客のニーズを引き出せるもの。そのような求人の面接で、応募先の企業のことを何も調べていないのがわかるような質問をされると、「こんな人では顧客のニーズは引き出せないな」と評価されてしまいます。

また、面接は対話なので、「質問は」と聞いて、「ありません」と返されれば、面接官は肩すかしにあったような気分になるでしょう。では、なんでも聞けばよいかというとそれもまた考えもの。「御社の社風を教えてください」といった抽象的で場当たり的な質問は「下調べもしないでここに来たの」と思われてしまうかもしれません。

就職・転職・求人でも話題の求人の参考になるネタはこのサイトをブックマークしましょう♪