面接を受ける際に注意すること。

就職試験や転職試験での面接について

就職試験でも転職の際でも、最後の難関となるのが面接試験です。必ずと言って良いほど、緊張する試験で、どんな質問が飛んで来るのか、前日から寝られないと言う人もいるのでしょう。ですが、面接と言っても、普段の自分を出すことが大事になります。他所行きの返事や回答をしてしまうと、途中で話が矛盾してしまうこともあり、出来るだけ自然に答えることが、良いのでしょう。ただし、声が小さくボソボソであるとか、下手に声が大きくてもマイナス要素になりかねませんので、常識と言う範囲内に収まるようにしましょう。

まず、第一印象は、非常に大事です。面接官への挨拶を失敗しないことです。この挨拶での印象が、悪いとなかなか失点を挽回し難くなります。またこの時、自分の話になり、長くなってもいけません。簡潔さが、望まれます。そして面接の最後には、何か質問はありませんかと聞かれるはずです。その時に「何もありません」と言うより、業界の将来性でも良いのですが、ちょっと変った質問をするのも良いでしょう。

服装は、スーツで高いものでなく良いのですが、キチンとアイロンをかけましょう。ワイシャツも同様です。ネクタイも、曲がっていてはいけません。靴はキチンと磨きましょう。また、最近流行りの先の尖った靴を嫌う人もいますので、注意しましょう。そして、頭髪と指の爪は、絶対に清潔にしておきましょう。

就職・転職・求人でも話題の求人の参考になるネタはこのサイトをブックマークしましょう♪