面接を受ける際に注意すること。

面接を受ける際に注意すること。

転職活動をしているため、面接を受ける機会が多く、採用を頂いた時の面接と不採用だった面接の違いを考えてみました。まず面接で気を付けることの基本は身だしなみです。どんな会社でも第一印象は大切で、その第一印象は視覚から受けることが多いので清潔感のある髪型やあまり人が見てないと思いがちな爪等にも気を配ります。基本的なことほど、面接官は見ています。服装や身だしなみはその後の社会生活に大きく影響するからです。

次にはきはきとした受け答えができるように練習します。日頃から言葉遣いにも気を付け、丁寧な受け答えを心がけておけばそんなに難しいことではありません。ハキハキとしっかり話すことを加えれば好感を持ってもらえ、評価もよくなります。質問の内容をしっかり考え、面接官の目を見て答えるようにします。人の目を見て話すと、印象に残りやすく、好感度もアップします。

実際に就職・転職において面接は避けて通れない道なので何度か数をこなしていって経験を積むことも大切です。何度も挑むことで質問者の意図や手応えのある反応が分かってきます。避けては通れない道だからこそ、印象の良くなる応対を心がけることが大切です。自分を面接でアピールできれば採用の道が待っています。